大家、不動産業者との手続き

引っ越しするということは、今まで使っていた家を引き払うことになります。
そうなれば、大家、不動産業者との手続きが必要になるでしょう。
どんな手続きをどれくらい前からやっておいた方がいいのか、確認していきましょう。

大家、不動産業者との手続き

大家、不動産業者との手続きは、大きく分けて二つあります。

  • 新居を決めて契約の手続きをする
  • 旧居の解約手続きをする

新居を決めて契約するのは、解約の手続きの前になります。
新居を契約せずに解約をすることはないと思うので、ここでは説明を省きます。

旧居の解約手続きは、意外と何日前からやるのかわからない人が多いです。
いつ連絡すればいいのか、ちょっと考えてみましょう。

解約手続きについて

引っ越しをする前に、アパートの解約手続きが必要になります。
家賃が前払いというところが多いので、解約の手続きは一ヶ月前に済ませておかなきゃいけません。
もし、解約の手続きが遅れると、もう一ヶ月分の家賃を払う必要があるかもしれません。

次の入居者のために部屋を清掃しなきゃいけないので、清掃員の手配が必要になります。
もし一ヶ月分まるまる家賃を支払う必要がなかったとしても、きつーく叱られることになりますよ。

ガスの料金を家賃と一緒に払う場合もありますが、その解約手続きも大家、不動際業者の仕事です。

あなたが引っ越しをした後にやることがたくさんあるので、その準備をしなきゃいけないということですね。
そのためにはやっぱり引っ越し一ヶ月前には事前に連絡を欲しいと思っているはずです。

また、アパートによっては、二ヶ月前から引っ越しのことを言わなきゃいけないところもあります。
引っ越し前の解約手続きの規則については、
契約書にきちんと書いてありますので、契約書を確認してください。

でも、転勤などで引っ越しが急きょ決まることってありますよね。
そんな時でも一ヶ月前に伝えておかなきゃならないなんてひどすぎます。
もし引っ越しが急きょ決まった場合、どうすればいいの?

転勤で急きょ引っ越しが決まった場合は?

転勤などで急きょ引っ越しが決まった場合は、
決まったその日のうちに大家、不動産業者に連絡をしましょう。

「転勤が急きょ決まったため、一ヶ月前に報告できませんでした」といえば、
事情をわかってくれるでしょう。
それでも急きょなので、あまりい顔はされないかもしれませんね。

もし厳しく「一ヶ月前が原則です!」と言われてしまったなら、
会社に事情を説明してもらうように言いましょう。

それでもダメな場合はあきらめて一ヶ月分の家賃を払う必要がありますが、
その場合は会社に引っ越し手当を出してもらうように言いましょう。

急きょ引っ越しをさせたのは会社の方ですし、会社にも責任があります。
その辺は遠慮せずにあなたがはっきり言ってやった方がいいです。

まあほとんどの場合は家賃を一ヶ月分まるまる払えと言われることはありません。
たぶん日割り計算でその日までの家賃を計算してくれるはずです。
引っ越し前に現金を用意して、引っ越しする時に清算してから引っ越し先に行きましょう。

とりあえず引っ越しする日を電話で伝えるだけなので、大家、不動産業者との手続きは簡単です。
当日大家、不動産業者が立ち会うかどうかは、その時に聞いてください。
家賃の清算が終わって鍵を返したらいよいよ新居への引っ越しです。