2tトラックの料金相場と荷物の積載量、高速料金について

引っ越しはトラックの大きさで料金が変わってきます。当然のことですが、小さければ小さいほど料金は安く、大きければ大きいほど料金は高くなります。

大切なのは荷物の量に見合ったトラックを選ぶという事。荷物の量が少ないのに、無駄に大きなトラックにしてしまうと、その分料金も高くなってしまいます。

引っ越しで一般的に使われるトラックは、2tトラックです。2tトラックの積載量や料金相場を知っておくことで、引っ越し料金の目安を知ることができます。

2tトラックの料金相場と積載量

2tトラックには、ショートサイズとロングサイズの2種類があり、それぞれ積載量と料金が違ってきます。では実際の料金相場や積載量について詳しく見ていきましょう。

料金相場

2tトラックを使って引っ越しをするという場合、引っ越し業者に依頼する方法と、レンタカーを借りる方法の2種類があります。当然ですが引っ越し業者に依頼する方が高くはなりますが、積み下ろしや運転まですべてスタッフがしてくれるので気楽に引っ越しができます。

家族や友人で手伝ってくれる人がたくさんいるという場合や、できるだけお金を掛けたくないという場合はレンタカーでの引っ越しする人もいます。ではそれぞれの料金相場を見ていきましょう。

引っ越し業者

引っ越し業者の場合は、距離や時期、業者などによっても料金が変わってきますが、およその料金相場を知っておくことが大切です。

2tショートトラック 2tロングトラック
50q以内 2万円〜4万円 3万円〜5万円
50〜100q 3万円〜5万円 5万円〜7万円
100q以上 5万円〜 7万円〜

引っ越し業者に依頼した場合の料金相場は、このような感じになります。この表はあくまでも平均なので、時期によってはもっと安かったり高かったりもしますが、ある程度の参考にはなるはず。

引っ越しする際や引っ越し業者を選ぶ際には、この相場を元に料金の見当をつけていきましょう。

レンタカー

レンタカーを借りて自分で引っ越しをする場合、レンタカーの料金は次のようになります。

2tショートトラック 2tロングトラック
3時間 8,000円〜10,000円 10,000円〜13,000円
6時間 10,000円〜13,000円 13,000円〜15,000円
12時間 13,000円〜16,000円 15,000円〜20,000円
24時間 16,000円〜20,000円 20,000円〜24,000円

レンタカーの場合、細かく時間でレンタルできる業者と、1日レンタルのみの業者があります。近距離であれば時間で区切って借りたほうが安価で済みますが、長距離の場合は1日レンタルのみの業者の方が安く済む場合が多いです。

引っ越し業者よりもレンタカーの方が安いように感じますが、ガソリン代、手伝ってくれた人への謝礼などを考えると、そこまで変わらない場合もあります。手間や労力も考えて業者に依頼するか自分でやるかを決めていきましょう。

積載量の目安

続いては、2tトラックの積載量について見ていきましょう。2tショートトラックと2tロングトラックでは積載量が全然違うので、それぞれ分けて説明していきます。

2tショートトラック

2tショートトラックの広さは約3畳分で、横1.7m、奥行3.2m、高さ2mほどの大きさです。実際に積める荷物の量は次の通りです。

  • 冷蔵庫(中型)
  • 洗濯機
  • テレビ
  • シングルベッド
  • 洋服タンス
  • 本棚(中)
  • 食器棚(中)
  • ソファ(2人掛け)
  • 衣装ケース5箱
  • 段ボール20箱程度

ほとんどの家具家電を積むことができますが、小型〜中型サイズでなければ収まりきらないので、単身者向けのサイズになります。部屋の大きさで考えると1K〜1DK程度。単身者でもそれ以上広い部屋で大きな家具家電を揃えている人だと入りきりません。

2tロングトラック

2tロングトラックの広さは5.5畳分で、横1.7m、奥行き4.5m、高さ3mほどの大きさです。実際に積める荷物の量は次の通りです。

  • 冷蔵庫(大型)
  • 洗濯機
  • テレビ
  • ダブルベッド
  • 洋服タンス
  • クローゼット
  • 本棚(大)
  • 食器棚(大)
  • ソファ(2人掛け)
  • 鏡台
  • 衣装ケース5箱
  • 段ボール30箱程度

ショートサイズに比べて、家具家電のサイズがワンサイズ大きくても積むことができるので、単身者だけでなく夫婦の引っ越しでも可能です。部屋の大きさで考えると1LDK〜2LDK程度です。

2tトラックの高速料金

引っ越しをする際、場合によっては高速を使うことがあるかもしれません。依頼者が高速料金を支払うのは当然のことですが、高速料金は引っ越し代金に含まれるので、実際にいくらかかっているのかわからない場合もあります。

できるだけ安く引っ越し料金を抑えたい場合には、高速料金がいくらくらいかかっているのかを知っておくことも大切です。

車種によって異なる料金

高速料金は車種によって違ってきます。まずはどんな車種区分があるのかを見ていきましょう。

  • 軽自動車:軽自動車・二輪自動車
  • 普通車:小型車・普通自動車
  • 中型車:積載量5t以下の貨物自動車・マイクロバスなど
  • 大型車:積載量5t以上の貨物自動車・トレーラー・バスなど
  • 特大車:大型特殊自動車・30人乗り以上のバスなど

引っ越しによく使われる2tトラックは、このうち中型車に分類されます。軽自動車や普通自動車とは別の区分になるので、普段利用している料金よりも高くなってしまいます。

2tトラックの高速料金の目安

では実際に2tトラックで高速道路を利用した際の料金について見ていきましょう。

東京〜横浜

東京から横浜まで高速道路を利用した場合、高速料金はおよそ2,840円です。ただしETC割引などを利用できれば1,770円まで安くなります。

移動距離は41q程度で、所要時間はおよそ40〜50分。渋滞につかまらなければもう少し早く到着することもできます。

東京〜名古屋

東京から名古屋まで高速道路を利用した場合、高速料金は8,480円です。色々なルートがありますが、どのルートでも値段はほとんど変わりません。

距離も300q以上あるので、高速料金は結構高めになってしまいます。所要時間も4時間程度と長く、引っ越しにも時間がかかってしまいます。

東京〜大阪

東京から大阪まで高速道路を利用した場合、高速料金は13,770円です。選択するルートで料金にバラつきが出ますが、どのルートでも1万円は超えてしまいます。さすがに関東から関西までは高速料金も高くなってしまいます。

移動距離は500q前後で、所要時間も6〜7時間と長時間。この距離の引っ越しは相当大変そうです。

東京〜福岡

東京から福岡まで高速道路を利用した場合、高速料金は26,850円です。どのルートを選択しても、料金はほとんど差はありません。

海もわたりますし、移動距離も1000qを超えているので、高速料金はかなり高め。所要時間も13時間を超えてしまいます。この場合、引っ越しは1日で終わらず、最短でも3日必要となってしまいます。

まとめ

2tトラックの引っ越しについてまとめてみました。引っ越し料金は様々な条件で決まるので、正確な料金についてはわかりませんが、およその目安として相場を知ることは大切なことです。およその相場を知ったうえで見積もり依頼をすれば、その料金が高いか安いかを比較しやすくなります。

また2tトラックの積載量を把握しておくこともとても大切です。単身だからショートサイズで足りる、夫婦だからロングサイズで大丈夫と安易に決めるのではなく、自分の荷物量を見て、どのトラックに相当するかを見極めましょう。

一括見積もりサイトランキング

引越し達人

この「引越し達人」は、15年以上前から運営していて、引っ越し業者の一括見積もりサイトの中では古株です。

ですが、運営歴が長いことで引っ越し業者との連携が整っていますし、信頼できる業者しか登録されていないため安心して利用できるでしょう。

また、こちらも一括見積もり利用者にお祝い金やプレゼントがあるので、特典を見て利用するか決めるのもいいかもしれません。

どの一括見積もりを使おうか迷っているなら、まずこの「引越し達人」を使ってみましょう。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し

この「LIFULL引越し」は、CMでも有名な「HOME'S」が運営していた引っ越し一括見積もりサイトがリニューアルされた見積もりサイトです。

「LIFULL引越し」では、「HOME'引越し」に登録されていた引っ越し業者が同じく登録されているため、信頼度が高い一括見積もりサイトです。

引っ越しの一括見積もりサイトとしては新しい方ですが、サービス利用者には「LIFULL引越し」オリジナルの特典があるので、それも利用者から高評価を得る理由となっています。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、あの「引越し侍」が運営している一括見積もりサイトで、登録されている引っ越し業者が多いのが特徴です。

利用者数も多く、サービス利用者の評価も高いです。

期間限定のキャンペーンをしている場合もあるので、一度覗いてみるのもいいですね。

公式サイトはこちら