引っ越しの際にやることをまとめて解説します!

引っ越しをすると決めたら、それまでにやることや手続きがたくさんあります。
引っ越し当日も、引っ越した後にも、本当にたくさんのやることがありますよね。

引っ越す日が近くなって忙しくなり、色々なことに気が回らず、

「あれをしておけばよかった!」
「手続きをやり忘れた!」

なんてことが起こらないように、
しっかりとやることリストを作って引っ越し作業に取りかかりましょう。

引っ越しは決まってるけど、まだ業者を決めていないという方は、
各引越し業者のサービスや料金を簡単に比較できる、
一括見積もりサイトを使って早めに決めておきましょう!

無料の一括見積もり比較はこちら

引っ越しやることリスト

ここでは、引っ越しの前までにやること、
当日にやること、引っ越し後にやることをリストアップしました。

このリストを参考にして、
やり忘れがないように引越し作業を進めていきましょう!

引っ越しが決まったら早めにやること

引っ越し業者選び 複数の業者の見積りを比較して決めましょう
旧居の解約手続き 賃貸の場合は管理会社への退去連絡は忘れずに
いるものといらないものの仕分け 余裕を持って早めに仕分けをする
粗大ごみ処分の予約 自治体のごみ処理施設を確認しておこう
リサイクルショップ・業者へ売る 時間に余裕があるなら不用品は売ったほうがお得
荷造り用品の準備 ダンボールや緩衝材など梱包資材を用意しましょう
荷造り、梱包 余裕を持って早めに梱包作業をしましょう
引越し業者の見積もりをもらう 複数の業者から見積りをもらうと安く引っ越せます
下見(訪問見積り) 追加料金が発生しないように見積りをしてもらいましょう
転居はがきの用意 知人や会社の上司に転居する旨を伝えましょう

前日までにやること

新居の配置図を考えておく 家電の置き場所を確認しておこう
引っ越し先で使うものをリストアップ 引っ越し先ですぐ使うものは梱包しないように注意
本格的に荷造りをはじめる 使わないものはすべて梱包を終わらせましょう
部屋の掃除 修繕費や清掃費が安くなる可能性もあるのでしっかり掃除しましょう
近隣の方へ挨拶 お世話になった人がいれば挨拶をしておきましょう
公共料金の手続き 電気・ガス・水道の停止手続きをしておきましょう
冷蔵庫と洗濯機の水抜き 冷蔵庫は霜取りをしてコンセントは抜いておきましょう
転出届・転居届の提出 引っ越しの2週間前から手続きできるので早めに
郵便局で転送届の手続き 重要な書類が旧居に届かないようにしましょう
銀行、保険の住所変更 その他、住所変更手続きが必要なものも忘れずに
電話線、インターネットの工事 工事が必要なら数週間前から予約しておきましょう
ガス会社へ連絡 ガスの開栓は立ち会いが必要なので予約は忘れずに

引越し当日にやること

引っ越しの手伝い 状況に応じて自分で運びたいものは業者に伝えましょう
引っ越し料金の支払い 基本的に引っ越し終了後、現地で現金で支払います
公共料金の精算 銀行引き落としでない場合は早めに支払いましょう
引っ越しの挨拶 新居のご近所さんへ挨拶しておきましょう
賃貸の解約手続き 旧居のカギを返して解約完了です。敷金の精算も忘れずに
電気、ガス、水道の利用手続き ガスの開栓立ち会い、電気と水道の利用開始手続きをしましょう

引っ越し後にやること

荷物の荷ほどき 引っ越し業者に配置図を渡しておくと楽です
挨拶状を出す お世話になった上司や先輩に挨拶状を書きましょう
転入手続き 引っ越し後14日以内に市役所で手続きをしましょう
自動車・バイクの手続き 車検証の住所変更、車は車庫証明の発行が必要になります
国民健康保険、国民年金の手続き 住民票を発行した時に一緒に手続きましょう
印鑑登録の手続き 登録や廃止は、転出届けと転入届と同時に手続きをしましょう
ペットの住所変更手続き 住所が変わった場合は犬や猫などペットの住所変更が必要です
銀行の手続き 新居に近い銀行を契約すると便利です

引っ越し業者は焦って決めると損をする

この引っ越し作業の中でも、特に注意が必要なのは、引っ越し業者を決めるときです。

引っ越し業者が違うだけで数万円もの差が出るので、
どこに頼むか慎重に決めないと損をします。

今の時代、「前も頼んだから」「近くにあるから」という理由だけで、
業者を決めるのはかなりもったいないです。

業者によって距離による割引があったり、
一人暮らしのサービスがすごくたくさんあったりと、
業者によってそれぞれ違う特色があります。

自分の状況にあった引っ越し業者を選ぶだけで、
万単位で料金が安くなったり、「こんなサービスあったんだ!」と、
安く楽に引っ越せることにも繋がります。

そんな時は、簡単に理想の業者を探せる
一括見積もりサイトがかなり便利です。

希望しているサービスを提供している業者を簡単に探すことができますし、
荷物量や移動距離、日程を指定して、どの業者が安く作業をしてくれるのかもわかります。

もし、引っ越し業者をほぼ決めているという方も、
依頼する前に一括見積もりサイトを使うことで、
業者同士の価格競争によって、予定していた金額より安くなるかもしれません。

細かい荷物量まで指定できますし、入力もほんの数分で、
しかも、無料で使えて特典ももらえる一括見積もりサイトもあります。

ですので、引っ越し業者を選ぶときは焦って決めずに、
自分の状況にあった引っ越し業者を簡単に探せる一括見積もりサイトを使って、
引っ越しの負担を少しでも減らしていきましょう!

無料の一括見積もりサイトはこちら

大手引っ越し業者の料金相場

CMで有名な大手の引っ越し業者の中では、
同じサービス内容だとしても料金に差があります。

その料金には、「大手」「有名」という、
ブランドという付加価値も含まれていると思います。

そこで、ざっくりですが、大手引っ越し業者の
一人暮らしで引っ越す場合の料金と、
家族で引っ越す場合の料金を比較してみました。

サカイ引越センタ−

  • 単身引っ越し →15,000円〜3万円
  • 家族引っ越し →5万円〜8万円

アート引越センター

  • 単身引っ越し → 2万円〜4万円
  • 家族引っ越し → 8万円〜10万円

アリさんマークの引越し社

  • 単身引っ越し → 3万円〜4万円
  • 家族引っ越し → 6万円〜8万円

クロネコヤマト

  • 単身引っ越し → 12,000円〜24,000円
  • 家族引っ越し → 8万円

ファミリー引越しセンター

  • 単身引っ越し → 18,900円〜3万円
  • 家族引っ越し → 3万円〜5万円

こう見ると、同じ内容でもかなり差が出ることがわかりますね。

それぞれ、どういった引っ越しに力を入れているかが違うので、
ここまで料金が変わってくるんですね。

ですが、この価格はざっくりとした相場になるので、
時期によってキャンペーンや割引が適応されて安くなったり、
逆に繁忙期で料金が高くなる場合もあるので、
あくまで参考として考えて下さい。

見積もり比較サイトランキング

上の大手引越し業者の料金でもわかるように、
業者によって価格にかなりの差がありますし、
その業者独自の割引もあるので、
これは実際に比較してみないとわかりません。

ですので、引っ越し業者を選ぶときは、
各業者の料金やサービスを比較してから決めるようにしましょう。

下の見積もりサイトは、私が引っ越す時にも利用したおすすめのサイトです。

ちなみに、私は3つ全部使ってみたのですが、
査定額にはほぼ誤差はないものの、
中には、見積もりサイトによって違う査定額を提示してくる業者もいました。

でも、どの一括見積もりサイトも運営歴や知名度が高いので、
信頼できる業者にお願いできることは間違いありません。

一括見積もりサイトによって特典やキャンペーンが違いますし、
時期やシーズンによってもキャンペーンの内容が変わってくるので、
一回サイトを覗いてから、どの一括見積もりサイトを使うか決めましょう。

HOME’S引越し

CMでも知られている「HOME'S」が運営している引っ越し一括見積もりサイトです。

「HOME'S」独自が厳選した引っ越し業者のみが登録されているため、
利用者からの評判もとてもよく、TVCMの効果もあり信頼度と人気が高くなっています。

入力は60秒ほどで、信頼できて安い料金を提示してくれる業者を簡単に探せます。

引っ越しの一括見積もりサイトとしては新しい方ですが、
サービス利用者には「HOME'S」オリジナルの特典があるので、
それも利用者から高評価を得る理由となっています。

どの一括見積もりを使おうか迷っているなら、
このHOME'Sを使ってみましょう。

公式サイトはこちら

引越し達人

この「引越し達人」は、15年以上前から運営していて、
引っ越し業者の一括見積もりサイトの中では古株です。

ですが、運営歴が長いことで引っ越し業者との連携が整っていますし、
信頼できる業者しか登録されていないため安心して利用できるでしょう。

また、こちらも「HOME'S」に負けじと、
一括見積もり利用者にお祝い金やプレゼントがあるので、
特典を見て利用するか決めるのもいいかもしれません。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、あの「引越し侍」が運営している一括見積もりサイトで、
登録されている引っ越し業者が多いのが特徴です。

利用者数も多く、サービス利用者の評価も高いです。

期間限定のキャンペーンをしている場合もあるので、
一度覗いてみるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引っ越しでのやること詳細ページ

それぞれの項目でもう少し細かく解説しています。

これらの記事を参考にして、
失敗のない満足いく引っ越しを目指しましょう。

なるべく早めにやる作業・手続き

遅れちゃうとどんどん切羽詰まってくる作業・手続きがあります。特に見積もりや粗大ごみの処分の予約は早めにすませておかなきゃいけませんね。

この二つはやってもらえなくなるというよりは大きく『料金に関係してくること』です。遅れれば遅れるほど料金が高くなってしまうので、なるべく早めにやっておきましょう。

不動産の解約手続きも、引越しの数週間前ではちょっと遅いですね。契約書を見て、いつまでに解約手続きをするべきなのか、確認しておいた方がいいです。

『なるべく早めにやる作業・手続き』を詳しく見る

前日までにやる作業・手続き

そんなに急がなくてもいいですが、前日までにやっておかなきゃいけない手続きもたくさんあります。

「前日まで」と言っても、引越しの2週間くらい前から前日にかけて作業や手続きをしておいた方がいいですね。

なるべく早めにやる作業・手続きが終わり次第、前日までやる作業に手をつけ始めてもいいかもしれません。特に荷造り、配置図の作成、部屋の掃除はコツコツやっておいた方がいいので、なるべく早くはじめてもいいでしょう。

『前日までにやる作業・手続き』を詳しく見る

引越し当日にやる作業・手続き

引越し当日こそやることがいっぱい!考えているとなかなか作業が進みませんよ。当日やることを頭に入れておけば、引っ越し作業だけに集中できます。

当日特に考えなきゃいけないのは、『引越し料金の支払い』のことです。あまり何もしなくても、業者が作業をテキパキと進めてくれます。「終わった」と一息ついた時に料金を請求されることになります。

「お金をおろすのを忘れてた!」ということがないように、しっかり準備しておきましょうね。

『引越し当日にやる作業・手続き』を詳しく見る

引越し後にやる作業・手続き

引越し業者が帰ったあとも、荷ほどきなどの作業はまだ残っています。部屋を片付け終わったら、住所変更などの手続きがありますね。

この作業・手続きが終わるまでの間は、ちょっと忙しい日が続きそうです。

はじめての引越しでどんな手続きをしたらいいのかわからない。でも、手続きには期限がありますので、引越しが終わったら早めにやっておきたいですね。

『引越し後にやる作業・手続き』を詳しく見る

一人暮らしの引越し

一人暮らしの引越しは、基本的に自分一人と引越し業者での引越しになります。一人で作業・手続きは結構大変ですし、結構不安になりますよね?

一人の不安を取りのぞきたいなら、どんな引越しプランにするかをよーく考えてみましょう。引越しのプランさえしっかりできていれば、一人での引越しも恐くないはずです。

単身引越しプランはおトク?梱包資材は集めた方がいい?一人暮らしの引越しが楽になるようなプランづくり、一緒に考えていきましょう。

『一人暮らしの引越し』を詳しく見る

家族の引越し

家族の引越しにはお子さんやペットがいる可能性が高いですね。お子さん、ペットと一緒に引越しするなら、どんなことを気をつけていったらいいでしょうか。

お子さんに刃物の梱包と運搬を任せる?危険ですね。ペットは引越し業者に運んでもらえる?荷物と生き物の違いってなんでしょう。

お子さんやペットと一緒に引越しをした場合、それぞれになにか必要な手続きはないでしょうか。学校のことだったり、ペットを飼っているのを証明することだったり、手続きは結構ありますよ。

『家族の引越し』を詳しく見る

学生の引越し

学生の引越しは両親に手伝ってもらえると思いますが、大学生、社会人になるならもう大人一歩手前です。自分で考えられることは自分で考えて行動しなきゃいけませんね。

学生の引越しは自立した後の引越しに備えるための練習だと思ってください。自分でやれることをしておけば、次の引越しは自分一人でできちゃうかもしれません。

ある程度契約や手続きは両親に任せてもいいと思うので、両親にできるだけ金銭的に迷惑をかけないための引越し方法、家具の買い方などを解説します。

『学生の引越し』を詳しく見る

新築の家へ引っ越す場合

新築一戸建てを建てるためにかなりのお金を使ったと思います。なので、抑えるところは抑えていきましょう!

引越しの料金は、見積もりをとって比較することでぐんと値段が下がります。それはもう知っているかもしれませんので、ここでは引越し作業中に気をつけなきゃいけないことを説明します。

新築、つまり『新品の家』業者に簡単にキズつけられたくないですよね?業者にキズつけられないためにどんなことをするか、キズつけられたらどうする?を考えていきましょう。

『新築の家へ引っ越す場合』を詳しく見る

新築マンションへ引っ越す場合

新築マンションに引っ越す場合、一度にたくさんの人が引越しすることが予想できます。やっぱり新しくできたマンションを契約したら、オープン初日に引越ししたいですよね。

でも、引越しの予約が混み合うと、引越し業者は大変になりますよね。そうなれば料金は高くなるんじゃ!まったくそのとおりです。

また、マンションの廊下が引越し業者でいっぱいになっちゃうと…かなり作業が遅れてしまいそうです。平日でも普通の引越しができなさそうなので、新築マンションに引っ越す場合に考えておかなきゃいけないことを勉強しておきましょう。

『新築マンションへ引っ越す場合』を詳しく見る

同じ市内へ引っ越す場合

同じ市内に引っ越す場合は、あまり料金のことは考えなくて良さそうですね。でも費用はできるだけ0円に収めたいと思うところ…自力引越しを考える人も多いでしょう。

近場なので自力引越しができると思いますが、自力引越しの大変さって知ってます?余計お金がかかってしまう場合もあるって知ってました?

知らなかった人のために、自力引越しのことを中心に、市内で引っ越す場合の注意をしていきます。

『同じ市内へ引っ越す場合』を詳しく見る

できるだけ安く引っ越す方法

引っ越しの料金は、荷物の量や距離によってかなり高額になってしまいます。

その引っ越し料金を安くするための方法というのは、
自分でできることだったり、業者とのやり取りなど、たくさんあります。

ここでひとつずつ解説していきますので、
「これはできそう!」ということがあれば、
実際にやって引越しの料金を安くしちゃいましょう。

自力で引っ越す

自分ですべてを引っ越す方法はあまりおすすめできないのですが、
引っ越し業者に料金を払わなくなるという点では費用を抑えることができます。

ですが、レンタカーを借りて引っ越した場合はレンタル代がかかりますし、
ハイエースなどのバンで入り切らない場合は2トントラックを借なければいけない状況も出てきます。

もしくは、往復するためにガソリン代が必要だったりと、
結局、総費用が予算を超えてしまうことになるかもしれません。

「このくらいの荷物なら入るだろう」と思っても、
素人だと見誤ることもあるので、業者に頼むより高くつく場合があります。

家電や家具だけを格安で運んでくれる業者もいるので、
レンタカーである程度自分で運んで、
大きい家具や家電だけ引っ越し業者に運んでもらうのもアリです。

ですので、すべて業者に頼んだ場合と、
家具や家電だけ運んでもらった場合の両方の見積りをとって、
料金を比較して総費用が一番安くなる方法を探してみましょう。

荷物量を細かく設定できる一括見積もりサイトはこちら

不用品を自分で処分する

荷物の量が引っ越しの料金に直結するというのはご存知ですよね。

ということは、少しでも断捨離をして荷物量を減らすことが、
引越し料金を節約することに繋がります。

引っ越し業者の中には不用品の回収も同時に引き受けてくれるところもありますが、
オプションサービスとなっている業者がほとんどなので、少しでも料金を安くしたいなら、
自分でリサイクル業者や不用品回収業者にお願いして引き取ってもらいましょう。

ある程度自分で運ぶ

これも荷物量を減らすための方法ですが、
車を持っていることが前提となる方法ですが、
ある程度自分で新居まで荷物を持っていくことで引っ越し料金が安くなります。

ですが、冷蔵庫や洗濯機、大きい家具などは、車に乗せるのは難しいと思うので、
引越業者に運んでもらうか、思い切って処分して買い替えちゃうのもアリですね。

安く引っ越せる日や時期を狙う

引っ越す時期や日にちによって、予約がいっぱいだったり、
引越し料金が数万円高くなることもあります。

引越し料金が高くなる時期は、
入学や卒業など、新生活が始まる手前の2月〜3月で、
この時期は引っ越し業者の繁忙期となります。

この繁忙期を避けて、通常期に引っ越す方が安く引っ越せます。

それと、土日や月の下旬も料金が高くなる傾向にあるので、
なるべく月の上旬や中旬の平日に引っ越すといいですね。

荷造りを完璧にしておく

私が引っ越した時に利用した「梱包サービス」という、
梱包から引っ越しまですべてお任せのプランがあります。

ですが、もしこのサービスを頼んでいなかった方が、
引っ越し当日までに荷物の梱包が間に合わなかった場合、
最悪引っ越し業者に手伝ってもらう事になり、
その梱包してもらった分のオプション料金が発生する場合があります。

ですので、荷物の梱包は余裕を持ってなるべく早めにすませておくことが、
追加料金を発生さないためのポイントとなります。

エアコンやウォシュレットを新居に持っていく場合も、
引越し当日に取り外していないのに気づき、しかも自分では外せないとなると、
引っ越し業者に外してもらうことになり、オプション料金がかかる場合があります。

旧居が賃貸などで備え付けのものはいいのですが、
自分で購入して設置したものは事前に外しておくようにしましょう。

家具の分解をしておく

家にある大きい家具(婚礼用タンスなど)は、
引っ越し当日に運ぶ際に内装に傷をつけてしまう場合があります。

賃貸の場合は、傷を付けたことによって修繕費がかかり、
せっかく引越し料金を節約したのに、それが無駄になってしまいます。

しかも、家具が大きすぎてドアから出せないとなると、
ベランダや窓からレッカーでの吊り上げ・吊り下げの作業が追加され、
引っ越し当日に料金がプラスされる場合もあります。

ですので、大きい家具やタンスは、
なるべく引っ越しまでに分解しておくといいでしょう。

引っ越し業者のオプションでも、
家具の分解と組み立てをしてくれるサービスがあるので、
慣れていない方は業者に相談しておくことで、
引っ越し当日の急な追加料金は回避できますね。

グランドピアノなどの大きい楽器も、
もしかしたら追加で料金が発生するかもしれないので、
事前に引っ越し業者に伝えるようにしましょう。

家具の分解や設置をしてくれる業者を探す

運ぶのに料金がかかる物に注意しておく

引っ越し業者はすべての物を運んでくれるわけではありません。

現金や貴金属、美術品や骨董品などの高価な物や、
熱帯魚が入った水槽、大きい観葉植物などは、
普通に依頼した場合は運んでもらえない場合があります。

一括見積もりサイトには備考欄が設置されているので、
「これ運べるのかな?」という物があった場合は、
その旨を書いておくことで追加料金が発生することを未然に防ぐことができます。

もし、引っ越し業者がこれらの物を運べない場合は、
事前に宅配業者か専門業者に輸送の手配が必要なので、
引っ越し業者が運べるかはしっかり確認しておきましょう。

引っ越す日程を指定しない

この方法は予定が組みづらくなるので、利用するのには注意が必要なのですが、
引っ越す日にちや時間を指定せずに、引っ越し業者の都合に合わせることで、
引越し料金がかなり安くなる場合があります。

空いている時間に作業ができるので、引っ越し業者もありがたいんですね。

もしスケジュールに余裕がある場合は、引っ越し業者にその旨を伝えてみましょう。

引っ越し業者に予算を伝える

この方法は、人間ならではの方法ではありますが、
「どうしても◯◯円で収めたいんです」と感情を込めて伝えることで、
もしかしたら料金が安くなるかもしれません。

でも、その要望を伝えることで、こちら側(依頼者)の意思を伝えることができるので、
引っ越し業者も安くするための方法を色々提案してくれるかもしれません。

「無理だろう」と思っていても、言ってみる価値はあると思いますよ。

資材を自分で揃える

ダンボールやテープ、緩衝材などの梱包資材は、
引っ越し業者から無料でもらえる場合が多いですが、
なかには引越し料金を安く提供するために、
資材提供がオプションになっている場合もあります。

そのような場合は、自分で資材を揃えることで、
引越し料金を安くできるかもしれません。

もし自分で用意する場合は、
薬局やスーパーなどで無料でもらうこともできますし、
アマゾンや楽天などの通販で安く購入することもできます。

引っ越し業者を変える

もし日程の余裕があればですが、訪問見積もりをしてもらって納得がいかなかったら、
断って違う業者を見つけるのも料金を安くするための方法です。l

断りづらいですが、訪問見積もりをしたからと言って、
依頼しなきゃいけないわけではありませんからね。

その次に見積りに来てくれる業者は、一括見積もりサイトで気になっていた業者でもいいですし、
また違う一括見積もりサイトで見積りを出してみるのもいいかもしれません。

一括見積もりサイトランキング

HOME’S引越し

CMでも知られている「HOME'S」が運営している引っ越し一括見積もりサイトです。

「HOME'S」独自が厳選した引っ越し業者のみが登録されているため、
利用者からの評判もとてもよく、TVCMの効果もあり信頼度と人気が高くなっています。

入力は60秒ほどで、信頼できて安い料金を提示してくれる業者を簡単に探せます。

引っ越しの一括見積もりサイトとしては新しい方ですが、
サービス利用者には「HOME'S」オリジナルの特典があるので、
それも利用者から高評価を得る理由となっています。

どの一括見積もりを使おうか迷っているなら、
このHOME'Sを使ってみましょう。

公式サイトはこちら

引越し達人

この「引越し達人」は、15年以上前から運営していて、
引っ越し業者の一括見積もりサイトの中では古株です。

ですが、運営歴が長いことで引っ越し業者との連携が整っていますし、
信頼できる業者しか登録されていないため安心して利用できるでしょう。

また、こちらも「HOME'S」に負けじと、
一括見積もり利用者にお祝い金やプレゼントがあるので、
特典を見て利用するか決めるのもいいかもしれません。

公式サイトはこちら

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは、あの「引越し侍」が運営している一括見積もりサイトで、
登録されている引っ越し業者が多いのが特徴です。

利用者数も多く、サービス利用者の評価も高いです。

期間限定のキャンペーンをしている場合もあるので、
一度覗いてみるのもいいですね。

公式サイトはこちら